胃カメラ・大腸カメラ・内視鏡治療・人間ドックなどの定期検査は藤田胃腸科病院で

藤田胃腸科病院

便秘でお困りの方へ 〜刺激性下剤に頼らない治療〜

 「たかが便秘・されど便秘」

便秘は『本来、体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出出来ない状態*』と定義されています。
(*日本消化器病学会関連研究会 慢性便秘症診療ガイドライン2017年より)

一般に慢性便秘といわれるのは、機能性便秘のほうであり、まずは大腸がんなどの(器質的な)病気がないことを確認することが必要です。

慢性便秘症診療ガイドラインが2017年に初めて作成され、いくつかの有効な治療法が示されました。
便秘に対する新しい機序の薬剤も使用出来るようになっており、治療に対し選択枝が増えています。

刺激性下剤に頼らない治療

便秘薬、特に市販薬の多くは、センナ・アロエ・ダイオウを主成分としています。

そうしたいわゆる刺激性下剤には、副作用として、

      1.大腸メラノーシス(表面が黒くなる)
      2.形態変化(大腸が痙攣して細くなったり、弛緩して太くなったりする)
      3.大腸腫瘍(ポリープ・がん)
などが増えるといった報告があります。(図1.2)

刺激性下剤の連用により、大腸表面が黒変。扁平な隆起病変が多発している(図1)

刺激性下剤の連用により大腸が弛緩、太くなっている。(図2)

当院では、検査で患者さんの大腸の状態を把握し、
できる限り刺激性下剤を使用しない治療をこころがけています。

【スローガンに基づいた治療】

  • Speedy: 受診当日に検査・治療を開始します。
  • Surely: 検査で病態を把握し、個々に対応します。
  • Softly: 腸に刺激を与えない優しい治療を行います。

薬剤のみの治療だけでなく、食事療法や運動療法を取り入れた多角的な治療を行っています。
また、1週間の入院加療プログラムもあります。

食事について

便秘の方は、できる限りコメを食べましょう。小麦(パン・うどん等)・イモ類はおすすめできません。

食物繊維については、人により適量があります。医師・栄養士に相談してください。

【入院プログラムについて】

受診された当日にそのままの状態で、水溶性造影剤による大腸の撮影を行います。
腸の形、残便状況、狭窄など大きな病変がないことを確認のうえ、絶食・点滴治療に移行します。造影剤には排便を促す効果があり、翌日にレントゲンで腸内に残便がないことを確認します。
大腸内のリセットができれば、通常3日目より流動食からの食事開始となります。
食事は小腸内での吸収のよい食事(*低FODMAP食)とします。
検査結果をふまえ薬物療法、さらに症例によって運動療法(ねじれ体操など)を併用します。
薬はいわゆる刺激性下剤は極力使用せず、外来治療へと移行するための治療を行います。
なお、入院中に大腸カメラを行うことがあります。

入院プログラムの一例

 1日目2日目3日目4日目5日目6日目7日目
点 滴ありあり-----
食 事絶食(水分可)絶食(水分可)流動食3分粥5分粥全粥食軟飯食
運 動        運動療法(ねじれ体操など)
検 査腹部造影レントゲン腹部レントゲン腹部エコー排便造影大腸カメラ(3日のいずれかで)
治 療-内服開始 (検査結果により適宜調整)

・食事はすべて低FODMAP食で提供します。
・胃カメラ等その他検査は症状や状態によって実施可能です。

平成30年1月15日から毎週月曜日の午前診にIBD(潰瘍性大腸炎、クローン病等)・便秘外来を新設いたします。
初めての方はネットもしくは、電話でのご予約が利用出来ます。

ネット予約 072-671-3313 予約専用電話